浅田建設
 

    在来工法<軸組工法>

木造在来工法は、日本で古くから行われており、柱や梁を組み合わせて骨組みを作り、その上に壁や床、屋根を付ける工法で日本の気候風土に合った開放的な住まいを造ることができ、木の香りと肌触りを味わうことができます。
 
     


、生活環境に対する問題意識の高まりの中で、木造住宅は改めて注目を集めています。さらに健康に与える良い影響、設計の自由度など、木造住宅のメリットは数多くあります。  
は、調湿効果があり、健康住宅を造る上では良い材料ですが、湿気により腐ったり、シロアリの被害などの欠点もあります。長く住み続ける為には、メンテナンスをしっかり行う必要があります。  
     
  <特  徴>

和風住宅に最適。
設計の自由度が高い。
増改築が容易。
 
Copyright 2002〜 Asadakensetsu inc. All Rights Reserved
HOME 在来工法 建設手順 施工物件 リフォーム お問合せ 会社概要